小蕪亭
ネットショッピング情報は 月刊桜坂通信

富貴蘭と蘭の世界の情報 > 富貴蘭 フウラン > 富貴蘭 フウラン

富貴蘭 フウラン

富貴蘭 フウラン

富貴蘭

とは、野生蘭である

フウラン

の変異品種のことです。ここでは、富貴蘭のもととなったフウランについてご紹介したいと思います。
フウランとは、単子葉植物ラン科に属している、木に着生する常緑多年草です。茎は短く直立していて、隙間なく葉をつけます。この葉は細くて硬く、先端の方がとがった形をしていますが、断面が三角になるほど厚くて、鎌形で互生します。このフウランは夏に花茎を出します。花の色は白く、数個の花をつけます。その花びらは、萼片が3枚で、花弁が2枚という構造になっています。距は彎曲していて、花柄と同じくらいの長さがあります。この萼片、花弁、距、花柄は白色をしています。その花はとても美しくて、香りもよく、観賞用に栽培されています。また、園芸品種でもあります。フウランは、一つの株では、ほとんどの花が同じ方向を向いて咲くので、非常に印象的なのです。
このフウランも富貴蘭も、ともに日本蘭なので、とても乾燥に強く、栽培もそれほど難しくなく、ポイントをおさえていれば、誰でも簡単に栽培できてしまうようです。
富貴蘭は江戸時代に富貴な人に愛好される蘭として有名だったためにこのような“富貴蘭”という名前がついたとされています。

<<富貴蘭 フウラン | 富貴蘭と蘭の世界の情報トップへ | 富貴蘭とフウランの違い>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。