小蕪亭
ネットショッピング情報は 月刊桜坂通信

富貴蘭と蘭の世界の情報 > 富貴蘭 フウラン > 富貴蘭とフウランの違い

富貴蘭 フウラン

富貴蘭とフウランの違い

富貴蘭

とは、野性蘭である

フウラン

の変異品種として有名な花なのですが、細かくは、どのような違いがあるのでしょうか。
富貴蘭とは、フウランの変異個体のうち特に優れた葉の斑模様、つまり“葉芸”を持っていて、特別に「日本富貴蘭会」に登録されたものを富貴蘭と呼んでいるのです。
この富貴蘭の歴史は古く、さかのぼること江戸時代、このときの11代将軍徳川家斎が愛好した蘭とされています。この徳川家斎が愛好したことによって、一大ブームが巻き起こり、大名行列の籠の中にフウランの鉢をぶらさげて、香りを楽しんだお殿様のいたとのことです。
富貴蘭、フウランと言えば、あの独特な盛り上がった植え方ですが、この植え方についても、すでに江戸時代には完成していたようです。
富貴蘭という名前の由来は色々とありますが、どれも定かではないようです。たとえば、富貴蘭のすべてが観賞用の対象となる「富貴」な姿からきているという説もありますし、この富貴蘭が高価だったために、高貴な人々に愛好されたからという説も否めません。ただ、どちらにしても納得のいく由来ではないでしょうか。
富貴蘭とフウラン、そんなに大きな違いはないのではないでしょうか。

<<富貴蘭 フウラン | 富貴蘭と蘭の世界の情報トップへ | 富貴蘭のもととなるフウラン>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。