小蕪亭
ネットショッピング情報は 月刊桜坂通信

富貴蘭と蘭の世界の情報 > 富貴蘭 満月 > 富貴蘭の満月とは

富貴蘭 満月

富貴蘭の満月とは

「日本

富貴蘭

会」で厳しい審査を受け、新しい品種であると認められた富貴蘭は数多くあります。その品種は「朝日殿」「鈴虫」「富貴殿」「金牡丹」「

満月

」など、他にもまだまだたくさんの種類の品種があります。“富貴蘭”と一言で言い表すことができないほどです。
この中で「満月」という品種をご紹介しましょう。この「満月」とは、富貴蘭の中でも姫葉をゆるりと抱えた、やや大型の風蘭なのです。富貴蘭と言えば、小さいものというイメージですが、この「満月」は少し大きめなのです。柄は後冴えで、夫婦品種である「富貴殿」と対照的なものなのです。「富貴殿」は富貴蘭界を代表するような名称であり、その名のとおり、実力も人気も兼ね備えた品種なのです。その「富貴殿」と夫婦品種の「満月」もまた、人気の高い品種と言えるでしょう。そして、この「満月」は頓に対する人気が最も高いとされています。一部の人々の中では天橋系とも言われていますが、こちらはさらに大型の蘭なのです。元々は似た品種なのですが、作によるものなのか、別品種のものなのか、判別しないところもあるようです。この「満月」を選ぶポイントは、小型で派手なものを選ぶよりもがっちりとした紺の通ったものの方がその後の生育による結果が期待できるでしょう。

<<富貴蘭の販売方法 | 富貴蘭と蘭の世界の情報トップへ | 富貴蘭の満月>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。