小蕪亭
ネットショッピング情報は 月刊桜坂通信

富貴蘭と蘭の世界の情報 > 富貴蘭 紅 > 紅系富貴蘭

富貴蘭 紅

紅系富貴蘭

多くの種類の品種を持つ

富貴蘭

ですが、どのような品種があるのか、みなさんはご存知でしょうか。有名なところでは、「富貴殿」や「満月」や「

扇」などがあげられます。ほかにもまだまだたくさんの種類があります。「富貴殿」や「満月」は、ゆるやかな葉がとても風情がありますよね。一方、「紅扇」のように、紅と名のつく品種は、葉や花などが紅色をしているもので、可愛らしいという印象を受けます。「紅扇」の葉には、スーッと紅が通り、とても鮮やかです。この紅をキレイに出すには、直射に近い陽を当てるということ。そして、その後には寒さにあうと、例外もありますが、キレイな紅が冴えてくるとされています。試してみてくださいね。
富貴蘭は古くは江戸時代中期頃から愛好されてきた植物ですが、その頃にはどのような品種のものが人々には愛好されていたのでしょうね。当時の11代将軍徳川家斎がこよなく愛したとされる富貴蘭ですが、今も昔も変わらない、どんな品種でも美しい富貴蘭だからこそ、こんなにも長いときを経ても愛され続ける秘訣なんですね。一般的な風貌の富貴蘭も、紅のキレイに通った富貴蘭も、どれも素晴らしいものばかりです。

<<富貴蘭の紅 | 富貴蘭と蘭の世界の情報トップへ | 富貴蘭の紅系>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。