小蕪亭
ネットショッピング情報は 月刊桜坂通信

富貴蘭 満月

富貴蘭 満月

園芸好きの方に「

満月

」という言葉を聞かせると、「

富貴蘭

の満月」と思う方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。富貴蘭には沢山の種類の品種がありますが、その「満月」というのは、とても人気もあり、有名な品種なのです。
「満月」のほかにも素晴らしい品種はまだまだたくさんあります。その富貴蘭の品種として認められるには「日本富貴蘭会」の審査に通らなければなりません。その審査には、他に同じ芸を持つ植物がないことや、花・茎・葉の細部に至るまで、厳しい審査があるのです。
そのようにして、審査を通ってきた富貴蘭が美しくないわけがありません。今も昔も、根強い人気を博している富貴蘭ですが、やはり、蘭といえば高価なものです。購入するにも、ためらってしまうような価格のものが多いものです。しかし、その高価という価値は十分にあるはずです。「満月」のように今も衰えない人気のある富貴蘭は高価なものが多いのですが、ブームが去ったような富貴蘭はかわらず美しいにも関わらず、人気が落ちてきたためという理由で低価格で手に入れることもできるのです。そんなのが初心者の方にはオススメです。まずは、富貴蘭の魅力にはまってみるのも悪くありませんよ。

富貴蘭 満月

富貴蘭の満月は

富貴蘭

の中でも、ゆるりとした姫葉でやや大型の「

満月

」という品種は、大変人気が高い富貴蘭の品種です。葉肉は厚くて、その真ん中にすーっと紺の通った「満月」は最高の富貴蘭です。
富貴蘭の品種で、「富貴殿」という品種がありますが、こちらも人気の高い品種です。ゆるりとした姫葉が「満月」と同じで、「富貴殿」と「満月」は夫婦品種といわれています。どちらも人気のある富貴蘭です。富貴蘭とはそもそも、フウランの変異品種のことなのですが、このフウランとは、野生蘭の一種であり、木に着生する蘭というのでも有名です。このフウランは風を好むことから、「風蘭」と呼ばれているようです。このフウランも美しい蘭ですね。そのフウランを変異させて、より一層芸を盛り込んでいるのが、この富貴蘭。人気の高さはその花、茎、葉の美しさ、そして甘いバニラのような香りからきているのではないでしょうか。
この「満月」や「富貴殿」のような富貴蘭を購入する際、たくさんの知識を身につけてから購入する方がよさそうです。育てやすいものから少し難しいものと、様々ですので、しっかりと勉強してみましょう。ちなみに「満月」については、小型で派手なものよりは、大型でガッチリしたものを選んだ方が後々よいとされています。若木から育ててみませんか。

富貴蘭 満月

富貴蘭の満月

最近若い人の中でも人気の高い「

富貴蘭

」ですが、なぜそんなにも愛好されるのでしょうか。そもそも富貴蘭が愛好され始めたのは、江戸時代とされています。当時の11代将軍徳川家斎がこよなく愛好したのが、この富貴蘭なのです。その花姿といい、甘い香りといい、当時からとても人気がありました。現代においても、その根強い人気はとどまることを知りません。毎年のように新しい品種が生み出され、見るも美しい富貴蘭はとても人気があるのです。
その中でも「

満月

」という品種をみなさんはご存知でしょうか。特徴としては、葉幅があり、その葉肉は厚い姫葉であり、そのことから、「富貴殿」と夫婦品種といわれています。「富貴殿」とは、富貴蘭の中でもその名のとおり、代表的な富貴蘭の品種であり、人気も高いものです。そんな「富貴殿」と夫婦品種の「満月」は後冴えの黄大覆輪で、白く糊を引いたような感じであり、斑と緑の境目がはっきりしません。3本立ちくらいの方が見栄えよく見えるのではないでしょうか。夫婦品種である「富貴殿」とどちらが好きかは好みによるでしょう。派手めのものは価格は安いのですが、どちらかというと育てるのも大変なので、さけたほうが無難でしょう。

富貴蘭 満月

富貴蘭の満月とは

「日本

富貴蘭

会」で厳しい審査を受け、新しい品種であると認められた富貴蘭は数多くあります。その品種は「朝日殿」「鈴虫」「富貴殿」「金牡丹」「

満月

」など、他にもまだまだたくさんの種類の品種があります。“富貴蘭”と一言で言い表すことができないほどです。
この中で「満月」という品種をご紹介しましょう。この「満月」とは、富貴蘭の中でも姫葉をゆるりと抱えた、やや大型の風蘭なのです。富貴蘭と言えば、小さいものというイメージですが、この「満月」は少し大きめなのです。柄は後冴えで、夫婦品種である「富貴殿」と対照的なものなのです。「富貴殿」は富貴蘭界を代表するような名称であり、その名のとおり、実力も人気も兼ね備えた品種なのです。その「富貴殿」と夫婦品種の「満月」もまた、人気の高い品種と言えるでしょう。そして、この「満月」は頓に対する人気が最も高いとされています。一部の人々の中では天橋系とも言われていますが、こちらはさらに大型の蘭なのです。元々は似た品種なのですが、作によるものなのか、別品種のものなのか、判別しないところもあるようです。この「満月」を選ぶポイントは、小型で派手なものを選ぶよりもがっちりとした紺の通ったものの方がその後の生育による結果が期待できるでしょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。