小蕪亭
ネットショッピング情報は 月刊桜坂通信

富貴蘭 鉢

富貴蘭 鉢

富貴蘭

を栽培するのに使う

は、たくさんの種類があります。しかし、もともと、富貴蘭というのは着生種のフウランの変異品種として生まれたものなので、木に着生しているフウランのように木付けや石付けにして楽しむ方法もあります。しかし、やはり一般的なのは鉢に植えるというやり方でしょう。その鉢も進化しつつあります。もともと黒いだけの鉢で「黒楽鉢」という鉢がありましたが、その鉢に絵が入ったものを「綿鉢」といいます。この「綿鉢」は、もう芸術作品ですね。価格はピンきりですが、普通に使われている「素焼き鉢」や「プラ鉢」とは、ケタが違います。富貴蘭そのものだけを楽しむのではなく、鉢といったいとなった富貴蘭を楽しむ、というのも醍醐味のひとつなのかもしれません。ただでさえ高価な富貴蘭ですが、鉢にもこだわってしまうとは、通ですね。安いもので4,000円弱で購入できますが、これもやはり、個人個人の趣味ですから、自分が好きなもの、また、その富貴蘭の姿によくあったものを選んでみてください。子供にかわいい服を着せてあげる、選んであげる、といった感じではないでしょうか。高価だからいいというわけではありません。自分の富貴蘭に似合ったものを選ぶというのも楽しみのひとつですよ。

富貴蘭 鉢

富貴蘭の栽培鉢

富貴蘭

を栽培するのに使用する

は、実に様々な種類があります。
「素焼き鉢」のように、一般的に使われているような鉢だったり、園芸として、楽しむ方のための「綿鉢」、他にもたくさんの種類があります。「素焼き鉢」は、普通、培養に使われているものです。時が経つにつれて、苔が生えたりしてくるため、見栄えが悪くなりがちですが、培養には向いているため使われています。
「プラ鉢」という鉢がありますが、こちらは穴の多いものは乾きやすいため、少し難しいように思いますが、日が入らないような日陰で育てるという方には向いている鉢です。このように、育てる環境によっても鉢を変えてみたりして、栽培しなければなりません。
「綿鉢」というのは、基本的に中空植えの鉢です。鉢はとてもオシャレで、絵が入っています。見た目にこだわるという方にいいでしょう。最近では実に様々な「綿鉢」がありますが、その美しさと言ったら、富貴蘭のための鉢なのか、富貴蘭用の鉢という芸術作品なのか、と迷ってしまうほどです。価格もそれ相応となってきますので、自分のお気に入りの富貴蘭に少しぜいたくな鉢を選んであげるのもいいかもしれませんね。

富貴蘭 鉢

富貴蘭用鉢

富貴蘭

の栽培をする上で、適している

は、「素焼き鉢」「ラッパ鉢」「プラ鉢」「黒楽鉢」などが一般的でしょう。このほかにも富貴蘭用の鉢はまだまだたくさんあります。
培養するときに一番向いているのは「素焼き鉢」です。これは、乾きやすかったり、苔が生えたりで、多少難はありますが、適している鉢と言えます。大穴のもので、3号の大きさが使いやすいようです。これから富貴蘭の培養をしようとお考えの方にオススメです。
そして、「ラッパ鉢」ですが、こちらは「素焼き鉢」よりも背が高く、かわいらしい鉢です。見た目もよく栽培できることでしょう。
「プラ鉢」には2種類ありますが、まずは穴が多いタイプ。こちらはとても乾きやすいため、頻繁にメンテナンスが必要になりますが、富貴蘭の栽培にはよく用いられる鉢です。日陰の環境で育てる方には、とても向いている鉢だといえます。そして、もうひとつは穴が標準的なもの。こちらは中空植えで植えるときに使われる鉢です。「素焼き鉢」に比べて、乾きにくいという面があり、使いやすいと思います。
そして「黒楽鉢」も、基本的に中空植えに使用される鉢です。水持ちは普通。この鉢は黒色をしていますが、これに絵の入ったものを「綿鉢」といいます。

富貴蘭 鉢

富貴蘭の鉢

美しい

富貴蘭

をこれから育ててみようという方も、中にはいらっしゃると思います。よい富貴蘭を選ぶというのも重要ですが、どんな

をしようしたらいいのか、ということも重要になってきますよね。
まず、富貴蘭の培養に向いているのが、「素焼き鉢」です。この鉢は水分が乾きやすいし、苔が生えてきたりして見栄えが悪くなるという欠点はあるものの、培養には向いているのです。こまめに手入れしてあげましょう。値段も安いので、初心者の方には向いている鉢ではないでしょうか。大穴のものを選び、3号ほどの大きさの方が程よく水を保ってくれますので、育てるにはいいでしょう。
そのほかには「プラ鉢」。この「プラ鉢」にも、穴の多いものと、穴が少なめのものがあります。この穴の多い「プラ鉢」は乾きずぎになりやすいため、注意が必要です。しかし、日陰の環境で育てる場合には向いている鉢だと思います。穴が少なめの「プラ鉢」は基本的には中空植えで植えるのに向いています。水持ちは普通です。「素焼き鉢」より、雨の時期に乾きにくいのでいいと思います。
ひとことに鉢といっても、色々な鉢があります。その植物によくあったものを選んであげることで、見た目も、成長もかわってきます。

1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。