小蕪亭
ネットショッピング情報は 月刊桜坂通信

富貴蘭 紅

富貴蘭 紅

江戸時代から現在に至るまで愛好されてきた

富貴蘭

ですが、その長い月日の間にも、たくさんの品種改良がなされ、新しい富貴蘭は次から次へと生まれてきました。江戸時代から愛好されてきた富貴蘭はどのようなものだったのでしょう。今、一番人気のある品種の富貴蘭とはなんなのでしょう。高価な蘭ですから、そう簡単には手が出せないという時代ではありません。安く手に入るものもありますよ。男性でも女性でも楽しむことはできます。近年では若い人の間でも富貴蘭は注目されてきています。園芸はお年寄りがするものというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。そんなことはありません。今では若い人も富貴蘭の園芸を楽しむ時代なのです。
個人的に若い女性には、

系の富貴蘭が向いているのではないかと思います。紅系の品種は、花も紅色で、可憐なイメージです。育てていても飽きのこないものなのではないでしょうか。最近では園芸店に行かなくても、インターネットのオークションなどで富貴蘭が手に入る時代です。そして、ムリなく育てることのできる植物です。仕事から帰ってきて可憐で美しい富貴蘭が出迎えてくれると癒されること間違いありません。富貴蘭の魅力にはまってみるのもよいでしょう。

富貴蘭 紅

富貴蘭と紅について

一般的に

富貴蘭

とは、葉は緑、花は白というイメージですが、中には葉の真ん中に紺が通っている品種もありますし、

が通っている品種もあります。それぞれに個性を持ち、美しい風貌です。その品種は実に多くの種類があります。これは「日本富貴蘭会」で厳しい審査を受け、他にはない芸を持つものだとか、色んな項目をクリアしたものが、市場に出回っている富貴蘭なのです。これを改良し、新しい品種を生み出している人を尊敬してしまいますよね。個人的には、紅系が好みですが、その魅力に取り付かれてしまったという人も少なくはないはずです。紅色の花はとてもきれいです。ほのかに紅色をしているものもあれば、濃い紅色をしているものもあり、その変化を楽しむのも醍醐味ですよね。「紅」と名のつく品種は本当にたくさんあります。その中でも自分好みのものを選んでみるのも楽しいかもしれません。そのほかにも、黄色の花をしているものもあります。色とりどりの富貴蘭を集めて楽しんでみませんか。これは苦手、というものも中にはあるかもしれませんが、そこは、多くの品種を持つ富貴蘭ですから、きっと好みの富貴蘭が見つかるはずです。栽培もコツをつかんでしまえば簡単ですので、是非育ててみてください。

富貴蘭 紅

富貴蘭の紅系

富貴蘭

の品種には、色んな種類があります。「亀金剛」や「

法師」や「紅化粧」。これは有名なところを例に挙げたのですが、実はこの有名どころの3種(実際にはもっと多くの品種)が、韓国で生産された実生品だということをみなさんはご存知でしたか。調べてみると、有名な品種というのは、日本で生産されたものより、韓国で生産されたものの方が多いということがわかりました。もともと、富貴蘭のもとであるフウランは日本の野生蘭だったのですが、改良を加えているのは日本だけではないのです。オリジナル性の高いものが韓国で生産されているというのは驚きですね。しかし、考えようによっては、日本の富貴蘭の登録品種のコピーのようなものも多く、日本では大々的に発表を控えているだけで、次々に個性的な富貴蘭も生まれているのではないかという声もあります。しかしながら、そのような韓国で生産されたコピーが日本で広く流通することによって、日本の富貴蘭の下落にもつながるとして、問題視されているのも現実なのです。キレイな品種が次々に生まれていく一方で、問題点も山積みなのですね。キレイなものを求める生産者に悪気があるわけではありません。むしろいいことのようにも思います。難しい問題です。

富貴蘭 紅

紅系富貴蘭

多くの種類の品種を持つ

富貴蘭

ですが、どのような品種があるのか、みなさんはご存知でしょうか。有名なところでは、「富貴殿」や「満月」や「

扇」などがあげられます。ほかにもまだまだたくさんの種類があります。「富貴殿」や「満月」は、ゆるやかな葉がとても風情がありますよね。一方、「紅扇」のように、紅と名のつく品種は、葉や花などが紅色をしているもので、可愛らしいという印象を受けます。「紅扇」の葉には、スーッと紅が通り、とても鮮やかです。この紅をキレイに出すには、直射に近い陽を当てるということ。そして、その後には寒さにあうと、例外もありますが、キレイな紅が冴えてくるとされています。試してみてくださいね。
富貴蘭は古くは江戸時代中期頃から愛好されてきた植物ですが、その頃にはどのような品種のものが人々には愛好されていたのでしょうね。当時の11代将軍徳川家斎がこよなく愛したとされる富貴蘭ですが、今も昔も変わらない、どんな品種でも美しい富貴蘭だからこそ、こんなにも長いときを経ても愛され続ける秘訣なんですね。一般的な風貌の富貴蘭も、紅のキレイに通った富貴蘭も、どれも素晴らしいものばかりです。

1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。