小蕪亭
ネットショッピング情報は 月刊桜坂通信

富貴蘭 紅

富貴蘭 紅

江戸時代から現在に至るまで愛好されてきた

富貴蘭

ですが、その長い月日の間にも、たくさんの品種改良がなされ、新しい富貴蘭は次から次へと生まれてきました。江戸時代から愛好されてきた富貴蘭はどのようなものだったのでしょう。今、一番人気のある品種の富貴蘭とはなんなのでしょう。高価な蘭ですから、そう簡単には手が出せないという時代ではありません。安く手に入るものもありますよ。男性でも女性でも楽しむことはできます。近年では若い人の間でも富貴蘭は注目されてきています。園芸はお年寄りがするものというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。そんなことはありません。今では若い人も富貴蘭の園芸を楽しむ時代なのです。
個人的に若い女性には、

系の富貴蘭が向いているのではないかと思います。紅系の品種は、花も紅色で、可憐なイメージです。育てていても飽きのこないものなのではないでしょうか。最近では園芸店に行かなくても、インターネットのオークションなどで富貴蘭が手に入る時代です。そして、ムリなく育てることのできる植物です。仕事から帰ってきて可憐で美しい富貴蘭が出迎えてくれると癒されること間違いありません。富貴蘭の魅力にはまってみるのもよいでしょう。

富貴蘭 セット

富貴蘭のセット

富貴蘭

の栽培を始めたいという方、まず、何をどうやってやったらいいかわからないという方のために、

セット

での販売もやっているようです。インターネットで富貴蘭のセットの検索をしてみると実にたくさんのセットがあります。セットでは、最初から鉢に植えてあるものも多いですから、安心して購入できると思います。富貴蘭の栽培には、慣れも必要です。ですから、1株だけを栽培するのではなく、たくさんの富貴蘭を相手にして、富貴蘭を育てるというクセをつけることが大事です。ですから、このようなセットでの購入ができるチャンスに最低でも5種類の富貴蘭を栽培してみてください。価格も、そんなに驚くほど高価なものでもありませんし、育て方もポイントさえおさえたら簡単ですので、やってみてください。
セットで買うと、お得な面もありますよ。福袋のように、どの品種が入っているかわからないという面もありますが、普通に購入するよりも安価で購入することができます。入門セットを買えば、比較的、育て方の簡単な品種を販売店で選んでくれますし、セットでの購入はオススメですね。そして、上級者になってきたら、自分の好みの富貴蘭を選んで購入するなどに切り替えてもいいでしょう。

富貴蘭 育て方

富貴蘭 育て方

富貴蘭

育て方

には、気をつけなければならない点がいくつかあります。これを守れば初心者でも育てることのできる植物ですよ。ご自宅のベランダで園芸を楽しんでみてはいかがでしょうか。
富貴蘭の育て方について、もっとも重要なことは、水をやりすぎないということでしょうか。乾いたら水をやる、という程度でいいのです。忙しい人でもできそうですよね。多湿を好まない富貴蘭は乾いた環境下でも立派にたくましく育つのです。日にも適度に当てれば問題ありません。あまり日にあてすぎると、葉や根が日焼けしてしまい、水分を吸収しずらくなり、枯れてしまう原因となるのです。ですからご自宅が日当たりのあまりよくない環境でも大丈夫です。富貴蘭は無事に育ってくれます。冬の厳しい地域であっても、凍らない程度の室温で育てることができます。凍ってしまうと、これもまた枯れてしまう原因となってしまいますので注意が必要です。鉢はまず、素焼き鉢を使用しましょう。風通しも乾き具合も丁度よく栽培できます。綿鉢など、きれいなものにしたいとなっても、少し慣れてからにしましょう。肥料もそんなにも必要ありません。これらに気をつけてベランダ園芸をはじめてみましょう。

富貴蘭 フウラン

富貴蘭の育て方のポイント

富貴蘭

育て方

は一般的に簡単であると思います。初心者の方でも、ポイントを大事にすれば、必ず成功するでしょう。
まず富貴蘭の育て方のポイントをいくつか紹介します。富貴蘭は風蘭とも言い、風通しのよいところが好きなのです。ですから、まず富貴蘭を育てるときに使う鉢は風通しのよい、素焼き鉢を使いましょう。乾きすぎもよくないのですが、多湿が続いてしまいますと、苔やカビの原因となり、通気性も悪くなりがちですので、気をつけましょう。水苔でできた玉の上に富貴蘭を乗せるといイメージでかまいません。
次に日当たりですが、ベストなのは60%から80%の遮光下に置くのが1番よいとされています。冬以外は、風通しのよい日陰などがよいですね。あまり日焼けさせないように気をつけてください。根までが日焼けしてしまうと、水分を吸収できなかったり、また、枯れてしまうこともあります。冬は、凍らない程度に外に出してもかまいませんが、絶対に凍らせてしまうことのないようにしてください。凍ってしまうと9割がた枯れてしまいます。
水は、乾いたらやる程度でかまいません。多湿すぎは注意です。逆に乾きすぎもよくありません。
このような育て方のポイントに気をつけてください。

<<前の4件  1 2 3 4 5..  次の4件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。